スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2017年05月13日

エングレGUN情報

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/s529411796

[CAW M1849 POCKET 5rd 4 inch エングレーブカスタム]


https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/c599690238

「CAW S.A.A 7-1/2 inch エングレーブカスタム」

オバタヌキさんのエングレーブですね。
  

2017年05月06日

エングレGUN情報

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b256220902

無可動実銃のエングレ?「スレンレススティール製1851ネービーUSマーシャルモデル」  

2017年04月10日

エングレGUN情報

http://page14.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/s524198962

「ランパント・ディアボロ キャバルリー」
・・・これを出しますか・・・ガクブル・・・  

2017年04月09日

エングレGUN情報

http://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m196051449

「フランクリンミント・ジョンウェイン ウィンチェスターM92」

ああ、いいなー、10万かぁ・・・うぐぐ


  

2017年03月28日

S.A.A. Civilian Engrave Model


エングレ倶楽部の草創期、会員No.1となったコレクターさんが入手した逸品。
ベース銃は、ウエスタンアームズ製のSAA(3rd)シビリアン。金属モデルガンが規制されても、「黒くて重いモデルガンが欲しい」に応えるために工夫された、通称「テンプラ」モデル。77年~80年頃に作られたそうだが、製造効率の悪さや、素材の相性の関係から、以後このテンプラモデルは生産されなかった。


彫りは、繊細かつ丁寧だが、井浦先生の作ではないとのこと。未だ彫り師は不明。
この銃は、かって御徒町にあったCMCのショーウィンドウに飾られていたという。


エングレ倶楽部創設当時、入手した会員に自慢され、会員たちが歯ぎしりして羨んだ銃のひとつ。当倶楽部にとっては、伝説のSAA。